仮想通貨のビットコインとは

国内ビットコイン価格相場

仮想通貨の「Bitcoin(ビットコイン)」とは一体何か、どういう仕組みなのかが分かりやすい様に紹介していきたいと思います。

P2Pの仕組みを利用する事で簡単に送受信でき、決済手数料も極めて安価なところから、ネット決済ツールとして日増しに存在感を強める仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」。一般的なデジタル通貨は、取引所で既存通貨とデジタル通貨を両替する事で手に入れられます。

これに対して、ビットコインの入手経路は、取引所だけではありません。自らに手で採掘す事も可能なようです。ビットコインはP2Pネットワークで運営されており、ビットコインを所持する人は「銀行の小さな一片」として、機能するため、「分散型通貨」とも称されます。では、ビットコインはどうやって作り出されるのでしょう。

紙幣は政府がいつどれだけ刷るのか決定します。それに対して、ビットコインは中央政府を持ちません。ビットコインでは「miner」という特別なビットコイン「採掘」ソフトが流通量と発行時期に関する数理的問題を解決し、ビットコインを作り出します。

ビットコインは、minerの計算によって採掘される量が自動的に調整されるのです。例えば、採掘する人が少なければ、ビットコインを掘り当てるのにそれほど長い時間はいりません。しかし多くの人がビットコインを手に入れたい場合には、採掘するのが困難になり時間がかかる仕組みになっています。

minerでは初期にはCPUで演算処理をしていましたが、より速い処理速度を求めてグラフィックボードが使われる様になりました。

その結果発熱量が増大する問題に直面する事になったのです。そこで、ビットコインminer専用チップ「asic」が開発・販売され、今ではより計算速度を高めつつより省電力化に成功しています。

ビットコインの需要が高まるにつれより多くの人がネットワークに参加する結果、採掘はより難しくなります。そこで生み出されたのが「プール採掘」システムです。

プールでは採掘者はチームを結成してビットコインの採掘を協働し、自身の貢献度に応じてビットコインの分配を受ける事が出来ます。「金」と同様に、ビットコインは発行権限を有してその価値を担保する中央政府の存在はありません。

流通量が自動的に自動調整され埋蔵量にも限界が設定されています。その価値が需要と供給の関係によって決定されるのも金市場と同様です。面白いですね。ビットコインを利用してみてはいかがでしょうか。